第3回世界青少年「志」プレゼンテーション大会 誰もが志でつながる世界を創る! たくさんのエントリーありがとうございます! 君の熱き「志」が聴きたい
第3回 世界青少年「志」プレゼンテーション大会 (2020)
第3回世界青少年「志」プレゼンテーション大会
結果発表


ファイナリストたちのプレゼンテーション

各プレゼンターの写真をクリックするとプレゼン動画が開きます。

読売中高生新聞に掲載されました!

画像をクリックすると大きく表示されます。

第3回 受賞者の声
最優秀賞
文部科学大臣賞受賞者
岩下 唯愛
高校3年生
熊本県
岩下唯愛
 世界青少年「志」プレゼンテーション大会に参加して、自分の志が実現可能であるという希望の光をいただきました。
 私が1番印象に残っているのは、大会前日フェスの「志リレー」です。
 私の志を基に、他のファイナリストや実行委員のグループの全員が、私の志が実現した先の未来を想像してくださいました。
 30年後の私は、ノーベル平和賞を受賞していたり、世界中の人たちが私に会いに来てくれたり、自分で想像したこともないような壮大な人生を歩んでいました。その未来を自分の口で言葉にして、その場で発表しました。
 そのおかげで私の中のビジョンが明確になり、翌日の大会では自信を持って志をプレゼンすることが出来ました。文部科学大臣賞をいただけたのもみなさんのおかげです。これからも志で出会えた仲間と一生繋がり、みんなが幸せな未来を一緒に作っていきます。
最優秀賞
環境大臣賞受賞者
飯嶋 帆乃花
高校2年生
スイスに留学中
飯嶋帆乃花
 世界青少年「志」プレゼンテーション大会に参加させていただいた事で、改めて自分を見つめ直し、向き合う事ができました。そして、身を引き締める良いきっかけともなりました。
 スイス留学中なので時差の関係で、みんなが寝静まってシーンとしている中で前日リハーサルが始まりした。テンションが上がったところに検温で、発熱中と診断され、本番当日は隔離部屋からの参加になってしまいました。
 それでも、たくさんの方に私の志を聞いて欲しい その気持ちを学校の先生や友達、看護師さんなどに伝えたら、たくさんの方が協力して下さいました。
 そのおかげで、今の私が居て、出逢いがあります。 同じ道に進んでいる沢山の方々とも繋がることが出来ました。
 ここがゴールではなく、ここからがスタートです。この大会で頂いたたくさんのご縁を大切にし、自分の志に向かって一歩ずつ前に向かって進んでいきます。私の人生は、恵まれない子供たちのために捧げます。このような素晴らしい機会を本当にありがとうございました。

優秀賞
酒井 雄琉
小学4年生
京都府
酒井雄琉
 世界青少年「志」プレゼンテーション大会に出場し、少し自分に自信が持てるようになりました。
 僕は、足に装具をつけています。そんな自分に自信が持てず、人に自分の障害のことを話すことも、聞かれることも嫌でした。
 でも今回たくさんの人の前で、障害を持った人を助けるロボットを作るという志を伝えることができました。そうしたら、前向きに様々なことに頑張ろう!と、決心することができました。
 さらに僕の志を聞いてくれた人が、プログラミングの本をプレゼントしてくれたり、大きな会社の社長さんが僕のことを応援してくれると力強く言ってくれたりしました。本当に心強いです。 僕は、頑張ります!
優秀賞
サミュエル
ンダイゼイェ

大学2年生
ルワンダから留学中
サミュエル
 世界青少年「志」プレゼンテーション大会に参加することで、私が日本での留学を始めて過去2年半で構築できたネットワークが、一気にほぼ2倍になりました。人脈作りを大切にする私にとっては、最高に嬉しいことです。
 プレゼンテーションの後、私は声をかけてくれた新しい人々に出会い、すでにいくつかの企業を訪問させていただきました。インターンシップの機会を提供してくれる企業もありました。さらに、ルワンダへの医療開発の協力の話をいただくことも出来ました。
 大会を通して私の志を実現するための旅を応援してくれる方が多くでき、大きな一歩を踏み出すことができました。この大会をつくってくださったみなさんにとても感謝をしています。
第2回 世界青少年「志」プレゼンテーション大会 (2019)

第2回 受賞者の声
最優秀賞
文部科学大臣賞受賞者
松本クリス
19歳
千葉百華
 世界青少年志プレゼンテーション大会に参加して、様々な出会いがありました。
その中で、私のプレゼンテーションを聞いてフランス語に訳して下さり、コンゴ民主共和国の大統領に送ってくださった方がいて大感動しました。さらに、アフリカの様々な国の大使の方の集まりにご招待してくださったり、箱根の大名行列のアフリカ大使のプラカーダーをやらせて頂いたりもしました。
この大会に出場した後からこのように、私を取り巻く環境が一変しました。
さらに、ジャンルは違えど志を持った同世代の仲間達と出会えたことも最高の宝物です。
本当に出場してよかったと心から思える大会でした。 あなたもチャレンジしてみませんか?
最優秀賞
環境大臣賞受賞者
バレラシッド愛凛七
11歳
畠中栄太朗
 世界青少年志プレゼンテーション大会に参加して、ネットワークが広がりました! 応援してくれる人たちがいるからこそ、私の志に向かってもっと頑張ろうと思えます!
原田元環境大臣に会う機会をいただき、そこからやりたいことへのビジョンがさらに広がりました!
また様々な方からプレゼンをする機会をいただいているのは、とってもうれしいことです。
私はこの大会を通じて「やるからには絶対に諦めない」ということを学びました!これからも自分を信じて、まっすぐ進んでいきます!世のため地球のために頑張ります!
第1回ファイナリストのプレゼン動画はこちら
第1回 世界青少年「志」プレゼンテーション大会 (2018)
第1回ファイナリストのプレゼン動画はこちら
© 2021 世界青少年「志」プレゼンテーション大会 実行委員会. All Rights Reserved.